フローリング・床材の株式会社ikuta[イクタ]

コンセプトConcept

木と共に暮らす

木は、いつの時代にも日本における最高の住宅建材です。
私たちは140年以上にわたり、その優れた素材を、よりお求めやすく、より使いやすい形にしてお届けすることを考え続けてきました。
そして、地球環境の保護が大きな課題となる今、人と木との本当にいい関係を築きあげる事が、私たちに新たに課せられた大切な役割だと信じています。
これまでも、これからも、イクタはいつまでも木と共に・・・。

「木々に目覚める。」

美しい光をまとって、その床に新しい朝がはじまる。
家族の誰よりも早起きした日、そこに佇むと、朝の森に抱かれたような爽やかな気分になります。
徐々に美しい光が床に差し込み、思わず大きく深呼吸…。
樹木の息づかいや体温までもが身近に感じられ、日々の時間の経過を、一年の季節の移ろいを、木々と共に感じられる空間。
そこから一日を頑張るための元気をもらって、寝起きの家族をとびきりの笑顔で迎えます。
そう、わが家の「おはよう!」には、森のエネルギーがいっぱい蓄えられているのです。

「木々に憩う。」

裸の足裏に感じる心地良さ。その記憶は大人になっても忘れない。
従兄弟たちと裸足で走り回った、夏休みの祖父母の家の廊下やデッキ。
ひんやりとした床に頬をつけて、眠りに落ちてしまった幼い日の午後。
素足に心地よいフローリングが、くつろぎのスタイルを変えていきます。
子供たちと一緒におもちゃを広げて遊んだり、週末には大の字になってゴロンと寝転がったり…。
記憶の中に眠っている至福の心地良さを、新しい小さな家族にも経験させてあげたいですね。

「木々に遊ぶ。」

時間を忘れて楽しむことが、いつの間にかふえていた。
誰もが抱くフローリングのイメージは画一的で、どれもがあまり変わらないのが現実です。
でも、思い切って遊び心を加えてみると、ドラマチックに変化してアートな空間が生まれます。
幾何学模様のような貼り方や、床の一部だけ、もしくは壁にも貼ってみる。
材の方向を変えたり、部分使いをしたり、意外な場所を選んだりと、様々な変化をつけることで特別感がアップして思わぬ効果が現れます。
どこにもないオリジナルな空間、居心地が良すぎて、思わず趣味に没頭してしまう時間がふえてしまいそうですよ。

「木々に集う。」

呼ばれなくても、ここがいつも家族の真ん中。
置いてある家具や壁が同じでも、床が違えば部屋の印象は大きく変わります。
「床がインテリアを決めている」と言っても決して過言ではありません。
暖かく温もりのある空間、上質でシックな空間、シンプルで 爽やかな空間と、床面次第で部屋全体のイメージは変わり、広いスペースになればなるほど、床の存在感はさらに大きくなります。
例えば、みんなが大好きな団らんスペース、揃ってゆっくり寛ぐ空間では、床がとりわけ大切です。
家族が自然に集う木がいっぱいの温もり空間で、あなたもほっこりしてみませんか。