フローリング・床材の株式会社ikuta[イクタ]

用語集Glossary

フローリング・床材に関する用語集

施工要領

施工要領
適用できる床暖房パネル
  • 温水マット(小根太入り・エコタイプ)をご使用ください。 ※リフォ-ムフロア-:5.5mm厚の温水マット限定。
適用できる床下地材
  • 捨て貼り工法(根太有り) ※下地材:合板(12mm以上)
  • 捨て貼り工法(根太無し) ※下地材:合板(24mm以上)
  • 二重床工法 ※下地材:合板(5.5mm以上)

床暖房用仕上げ材として使用する場合は、上記下地の上に温水マットを施工下さい。

施工補助材料

以下の、材料をご使用ください。

  • フロ-リング用スクリュ-釘(38mm)
  • フロ-リング用ステ-プル釘(38mm)
    ※リフォ-ムフロア-:巾4mm長さ38mmのステ-プル釘限定で使用下さい。
    注)フィニッシュネイルは使用しないで下さい。
  • ウレタン系接着剤もしくは変形シリコン系接着剤(コニシKU928C-X / セキスイフ-ラ-#55-S)
    注)酢酸ビニール系、木工用ボンド等は使用しないで下さい。
施工前のお願い

必ずお守りいただきたいこと

保管方法

立てかけ保管や、水がかかったり、直射日光のあたる場所に置かないで下さい。
反り、ねじれ、突き上げ、スキ等の原因になります。

接着剤
  • 床暖房用
    小根太の上および小根太の延長上の温水マット表面に塗布して下さい。(フロ-リング裏面、温水マット部分、発熱シ-トのフィルム部分には塗布しないで下さい。)
  • 非床暖房用
    捨て貼り合板上、200~300mmピッチで塗布して下さい。フロ-リング裏面塗布の場合は209ページの塗布状態を参照下さい。
突上げ・床鳴り防止

フローリングの伸びによる突上げ・床鳴り防止するため、フローリングの貼り始め、貼り終わりには、壁際に3mm~5mm隙間をあけて施工して下さい。

施工手順(床暖房用仕上げ材として使用する場合)
下地
  • 床下地は、スクリュ-釘と接着剤を併用して施工してください。
  • 床下地は、温水マット・発熱シートを施工する前に、床として充分な強度を持つように施工して下さい。
  • 床下地の含水率は合板:15%以下のものを使用し、段差(1mm以内)の無いようにして下さい。
    下地の強度が不足しますと施工後の突き上げ、目すき、変色、段違い、床鳴り、波打ちの原因になります。
  • 施工下地は、十分に清掃し、表面のゴミ・油など、取り除いて下さい。
温水マットの場合
  • 温水マット周辺部のダミ-合板は、温水マットと同厚の12mm合板を使用し、釘CN50(周囲150mm、中間200mm)と着剤を併用して、施工してください。また、継ぎ目に段差が無いように施工して下さい。
仮並べ
  • 床材の表面化粧材が、天然化粧(突板・挽板)、人工化粧(シート)問わず、あらかじめ仮並べをして全体のバランスをとって下さい。
  • 床材の表面化粧材は、天然木を使用していますので、色・柄に多少の差があります。あらかじめ仮並べをして全体のバランスをとって下さい。
温水マットの場合
  • フロ-リングの短手接続は、温水マットの小根太を中心に行って下さい。
  • 温水マットの小根太・発熱シ-トの小根太とフロ-リングは、必ず直交方向に取り付けて下さい。
  • 温水マットの小根太とダミ-合板の境目には、フロ-リングの短手接合部が重ならないようにして下さい。
施工
  • 接着剤は、小根太の上および小根太延長上の温水マットと、ダミ-合板もしくは床材裏面にビ-ト状塗布(間隔:303mm以下)
    ※接着剤は点付けでなく、小根太巾一杯に塗布して下さい。
    ※短手実部にも接着剤を塗布した状態にして下さい。
  • オスザネ部への釘止めはフロアー用スクリュー釘(長さ38mm~)又はフロアー用ステープル釘(長さ38mm~)を使用。
    ※小根太部分に達するように釘打ちをお願いします。
    ※長手側(6尺側)は303mm以内の間隔で7ヶ所以上、短手側(1尺側)には3ヶ所以上行ってください。
    ※短手側が145mm以下の場合は釘止めを2ヶ所以上行ってください。
  • 接着剤は床材裏に303mm以内の間隔でビート状塗布して下さい。両単辺はフロアーギリギリに塗布して下さい。
床暖システムの小根太及び捨貼りの釘打ち墨の上(床パネル桟上)に塗布する。

塗布量は1本(760ml)で坪当り0.5本が目安です。 ※床暖房用小根太部への接着剤塗布状態

  • ●釘は45°の角度で、長手凸サネ部に7個所以上、短手凸サネ部に3箇所以上、釘打ちして下さい。
  • 温水マットでは、小根太部分以外には絶対に釘を打たないで下さい。
  • ●施工時は必ず、凹サネ部と凸サネ部を勘合し、施工して下さい。
  • 釘頭による膨れが表面に出ていないか確認下さい。
  • 床の表面からの釘打ち施工をしないで下さい。
  • フロア-材の寄せ、はめ込みの際には、表面やさねを傷つけないよう、必ず当て木を使用して下さい。段違い防止のためにもさねのたたき込み過ぎにご注意下さい。
  • 高湿時の床材の伸びを考慮して、フロ-リングを壁下に飲込ませる納まりとするか、壁際にクサビ等を用いて3~5mm隙間をあけて施工し、貼り終わり後は、必ずクサビ等を取り除いて下さい。
  • 石框を使用する場合は、フローリングと石框との間に隙間(5mで1mm、10mで2mm程度)をあけて下さい。
  • 表面に付着した接着剤などは、ただちにシンナ-等を含くませた雑巾でふき取って下さい。
施工手順(床暖房用として使用しな場合)
下地
  • 床下地は、スクリュ-釘と接着剤を併用して施工してください。
  • 床下地は、充分な強度を持つように施工して下さい。
  • 床下地の含水率は合板:15%以下のものを使用し、段差(1mm以内)の無いようにして下さい。下地の強度が不足しますと施工後の突き上げ、目すき、変色、段違い、床鳴り、波打ちの原因になります。
  • 施工下地は、十分に清掃し、表面のゴミ・油など、取り除いて下さい。
仮並べ
  • 床材の表面化粧材が、天然化粧(突板・挽板)、人工化粧(シート)問わず、あらかじめ仮並べをして全体のバランスをとって下さい。
  • 捨て貼り合板の場合は、床材の継ぎ目と捨て貼り合板の継ぎ目が同位置にならないように割り付けて下さい。
施工
  • 接着剤は、捨て張り合板にビ-ト状塗布(間隔:303mm以下)。
    ※接着剤は点付けでなく、下図のように塗布して下さい。
  • オスザネ部への釘止めはフロアー用スクリュー釘(長さ38mm~)又はフロアー用ステープル釘(長さ38mm~)を使用。
    ※長手側(6尺側)は303mm以内の間隔で7ヶ所以上、短手側(1尺側)には2ヶ所以上行ってください。
    ※短手側が145mm以下の場合は釘止めを1ヶ所以上行ってください。
  • 接着剤は床材裏に303mm以内の間隔でビート状塗布して下さい。両単辺はフロアーギリギリに塗布して下さい。
施工後の養生について
  • ●施工後は、木屑・砂・ゴミを完全に取り除き、養生シ-ト等で隙間なく養生して下さい。
    その際必ず、フロ-リング用の養生テ-プを使用下さい。
    市販のガムテ-プなどは粘着力が強いため、表面を損傷する恐れがありますので使用しないで下さい。
  • 養生テ-プを剥がすときは、ゆっくりと剥がして下さい。急激にはがすと表面を損傷する恐れがあります。
  • 施工中、雨の吹き込みにより、フロア-の表面を濡らしますと、表面のハガレやシミの原因になります。
    特にナラ材は青ジミの原因になりますので、十分ご注意下さい。
他の施工方法
  • この施工要領書は、代表的な施工方法を説明しておりますが、該当しない場合もありますので、下地種類と施工方法を作業前に必ず下地メ-カ-へ問い合わせの上、間違いのないよう取り付けてください。